失敗した、。

飛鳥ノ遷都 ~ アスカノセント」を聴き終わってから気づいたんですけど、これ続編で、前作『飛鳥之憶 ~ あすかのおぼえ』があるんですね。お会いしに行った時に買っておけばよかった、。

可能であれば直接サークル針の音楽さんから買いたいんですが、私が次東京にいけるとしたら来年の例大祭か夏コミだろうから、早くて約250日後ですか。長いな。長すぎます。

運転中に聴いてみました

私は満足の1時間でしたが、多分人を選ぶCDだと思います。
一言でいえば大河ドラマサウンド

公式の特設には「東方神霊廟楽曲のオーケストラアレンジ」と書かれています。いや確かにオーケストラアレンジなんだけれども、もっとこうオリエンタルな風が吹き荒れるサウンドです。ChineeKongのvstiがマッチするようなサウンドと言えばわかりやすいでしょうか?余計わかりにくくなった感が否めませんが。

楽曲は11トラックに分かれていますが11曲で1曲の大きなストーリーのようなものです。(ストーリーの節目節目をトラックという形で分けているともいえます。)

それと同じ曲のアレンジが多いのも特徴です。ただ、アレンジの仕方でそれぞれ別の情景を表現されている事もあり「また、この曲かよ」となる事がないのは、一重にアレンジャーとしての腕によるところでしょうか。

聴いていて後半の盛り上がりはゾゾっと来ました。
具体的に言うと9曲目「目覚めまでの夢路」⇒10曲目「道士の為政者 ~ 復活と復讐」の流れ。こればかりは通して聴いているから余計に揺さぶられるものがあります。この感情の揺さぶられ方は体験してみてほしい所。

盛り上げるだけ盛り上げてエンディングテーマで幕引きをさせるのも素敵。11曲目「幻想郷の夜明け、伝説のつづき」は12分3秒と長いですが、長いと感じさせることなく気持ちよい余韻を残しつつCDを終わりに導いてくれます。

ちなみにですが、本作はブックレットも大事な役をになっています↓

この作品は、演出として曲間を空けることなく次のトラックへ移行する楽曲があります。どうぞ本ブックレットの内容と照らし合わせて、曲間の繋ぎ目に傾注しながらお楽しみください。

一つの世界観を目で見て楽しみ、耳で聴いて楽しむ趣向ですが、ブックレットを見ずとも十二分に楽しめます。ただ、白鷺ゆっきーという一人のアーティストが思い描く世界にどっぷり浸るのであればブックレットは必須と言えそうです。

最後に

インストものに限らずトラック数が多いと「数で勝負!」とみられてしまう面もありますが本作は熱量をぎゅっと凝縮した一枚になっています。

東方神霊廟が好きな方は是非前作「飛鳥之憶 ~ あすかのおぼえ」と合わせて聴いてみて頂けたらと思います。
制作者である白鷺ゆっきーさんも下記のように述べていますしね↓

前作『飛鳥之憶 ~ あすかのおぼえ』の続編となっておりますので、前作と本作は併せてお楽しみいただけます。

人を選ぶCDの関連記事
  • 針の音楽さんの 飛鳥ノ遷都 ~ アスカノセント を聴きました
おすすめの記事
【東方アレンジCD】InsTouhou
東方アレンジCD
東方永夜抄のインストアレンジCDです。ジャズやラウンジの要素を取り入れつつ、モダンな雰囲気を前面に作成致しました。全体を通して、RockやT...
【秘封アレンジCD】癒しの風 vol.1
秘封アレンジCD
CrestとDDBYがゲストを招いてお送りする癒し系秘封倶楽部アレンジCD。4サークルが奏でる癒し系秘封アレンジをお聴きください。...
【東方アレンジCD】東方幻想曲
東方アレンジCD
東方妖々夢の曲を「Jazz」、「BreakBeats」、「Urban」等の要素を取り入れつつオシャレでノリの良いアレンジに仕立て上げました。...
【オリジナルCD】RelaxTime
オリジナルCD
「夕方に聴きたくなるリラックスミュージック」をコンセプトにしたオリジナルインストCDです。 夕方、学校やお仕事帰り、夕飯の準備に忙しい時間。...
【東方アレンジCD】8BiTouhou 3
東方アレンジCD
ファミコン世代なら誰もが知っている8bitのピコピコ音と、東方音楽を融合したシリーズ第三弾! 懐かしいけどポップな電子音はファミコン世代には...