【夏コミケ/東方アレンジCD】バーテンダーレイム2

ライブバーで聴きたい東方アレンジをコンセプトにしたアレンジCD「バーテンダーレイム2」!
東方紅魔郷をモチーフに、実際にライブバーで演奏しているかのようなオシャレな音楽を追及しました。

勢いのあるCDにしたかったので、1曲目の「Fake?」、2曲目の「酔魔夜行」、3曲目の「Lady Killer」と出だしをフュージョンの曲で固めています。特に1曲目の「Fake?」は爽やかな出だしから始まる1曲で、正に夏に聴くフュージョン!

原曲を活かしつつオシャレな全8曲。
是非、お楽しみください!

頒布場所

今回DDBYはサークルスペースが無いので委託頒布になります。
委託を受けて頂いたサークル様は以下の3サークルになります。

  • Crest: 金曜日 東 モ-21a 
  • ついったー東方部: 金曜日 東 メ-47a
  • トマト組: 金曜日 東 I-06a

クロスフェードデモ

下記をクリックするとクロスフェードデモがお聴きいただけます。
是非、聴いてみてください!

ブックレット漫画

ブックレットにはジンをベースに、比較的作りやすいビルドで作れるカクテルレシピ漫画を14ページに渡って掲載しています。
漫画は艶のある可愛い女性を描かれる藤原俊一先生に、ジャケットイラストとともに描いていただきました。

会場特典

委託先サークルのCrest様(東モ-21a)にてDDBY/Crestいずれかのサークルの新作をお買い上げの方に会場特典として先着でポストカード(2枚セット)を差し上げます。お早めにご来場下さい。

トラックリスト

1.Fake? (ツェペシュの幼き末裔)/Kato Kei

イントロで裏切られるアレンジにしてみました(笑)「え、そっち!?」みたいな。
そうです。そっちの方向に行ってしまうのです。ふふふ。
というわけで穏やかなフュージョンっぽく始まったかと思わせてかなり激しいフュージョンにしました。スラップベースがバキバキでギターも炸裂しております。
お酒でも結構名前や味の割にアルコールきついのとこありますよねぇ。結構痛い目を見た思い出があります。
この曲を聴きながらまたそんなお酒を飲んでみてはいかがでしょうか?
(Mix : 五十嵐覚)

2.酔魔夜行 (妖魔夜行)/Kato Kei

ベースをフィーチャーしたアレンジにしてみました。スラップは打ち込みなんですが、結構いい感じに打ち込めたと思います・・・!
メロディーが素敵な原曲なので、とくにサビはしっかり残して激しめのファンクフュージョンにしてみました。ループやシンセベースなども使用して他の曲とは少し空気感が違うと思います。
この曲を聴きながら、夕方くらいの早い時間から強めのお酒を飲んで夜が深まる頃には酔魔となって夜の街を夜行してください・・・
(Mix : 五十嵐覚)

3.Lady Killer (上海紅茶館 ~ Chinese Tea)/Kato Kei

紅茶ですよ~、とにこやかに言いつつ今アルバムの中でも超攻撃的なアレンジにしてみました。メロディーがなかなかジャズというよりポップスっぽい曲のように感じたので、原曲のコードをなるべくそのまま活かし、キメなどを入れてロックフュージョンのようにしました。
ポップな感じも見せつつもいや、ふたを開けたらめっちゃ危ない・・・!という感じなので「Lady Killer」というタイトルをつけさせて頂きました。是非この曲で女の子を、いえ、なんでもないです。

4.Shotgun (U.N.オーエンは彼女なのか?)/Kato Kei

モダンなジャズにしてみました。○7♯9の響きが特徴的です。
そのほかにもデンジャーな響きを使用したりエフェクトもこだわってなかなか面白いサウンドになったと思います。
後半畳み掛けていくのですがなかなかライブっぽい感じが出たなぁと思っています。
今回のアルバムも前回同様、ドラムセットを始め、オルガンやピアノ、ベースなど同じ音源を使用して統一感を出しています。
ライブに来たかのような気分になって頂けると幸いです。
(Mix : 五十嵐覚)

5.鬼灯 (ほおずきみたいに紅い魂)/Kato Kei

3拍子で回る回る~な感じを出してみました。途中ロックなリフが入ってきたりもう酔いまくって楽しい楽しいアレンジになったと思います。
今回、私、フルートも吹いてます。ソロ頑張りました・・・!こういう曲はフルートの怪しい感じが際立って非常に良い効果が出ますね・・・。
サウンド的には結構打ち込みも駆使してなかなか面白いサウンドになっているのでそこも是非注意して聴いてみて頂けると幸いです。
酔いが回ってきて楽しくなってきた頃にこの曲を聴きながらさらにお酒を飲んでみてはいかがでしょうか?
(Mix : 五十嵐覚)

6.おてんば酔い娘 (おてんば恋娘)/Kato Kei

DDBYの備前さまから「このコード進行をつかってほしい!」とのことで、メロディ部分はそのご要望にお応えしました。
初、共作ですね・・・!嬉しいです。
それ以外のパートをどうするか非常に悩んだ曲でしてなかなか展開を作るのに苦労しました・・・。
若干怪しい感じのイントロからメロに繋げ、その後、再び怪しくなり最後も怪しく終わる・・・、という対比がうまくできたと思います。備前さまの素敵なコード進行と私の怪しい雰囲気のアレンジがうまく混ざったのではないでしょうか?
(Mix : 五十嵐覚)

7.Night Shade (亡き王女の為のセプテット)/Kato Kei

かなり怪しい感じのアレンジにしてみました。3拍子から5拍子、そして4拍子と変化し、5拍子の部分は楽器隊はアクセントの位置をずらして拍子感をよくわからなく聴こえるようにしてみました。非常に面白い効果が出たと思います・・・!
全体的に切ない感じですが、後半畳み掛けるようにさらに盛り上がっていきます。怪しさが酔い、いえ、良いアクセントになりました。この曲は是非とも夜、深夜に聴きながらお酒を飲んでほしいですね。
(Mix : 五十嵐覚)

8.今宵、お酒と本と、貴方と (ヴワル魔法図書館)/Kato Kei

甘く、切ないサウンドのアレンジにしてみました。何と言ってもストリングスが特徴的だと思います。
ジャジーなストリングスってかっこいいですよねぇ・・・。今回頑張りました。
今回のアルバムの中での泣き曲担当ですね!この曲が一番ジャズっぽいのではないでしょうか???
いや、どれもジャズ系ではあるのですが、空気感というかなんといいますか、都会的、大人、な感じが・・・!
夜も深くなり2人でちょっとしんみりとお酒を・・・な時にぴったりだと思います。

ジャケットイラスト・ブックレット漫画/藤原俊一

>>藤原俊一先生のTwitterはコチラ

今回はお誘いありがとうございました
藤原俊一です

ひさしぶりに美鈴と咲夜のコンビを描きました
音楽とともに、ゆったりとお酒を楽しみいただければ幸いです

漫画の表現の形式もフォーマットも慣れない形式なのでどうなるかな、と思いましたが最後のほうは乗って描いていました
女の子同士でバーにいけたら楽しそうだなー、とか

二人の衣装を私服にしたのは、仕事帰りっぽくしたかった自分のこだわりでもあります

それでは、小悪魔に乾杯♪

CD情報

タイトル: バーテンダーレイム2
頒布期間: 2017年8月11日~
頒布価格: 1,500円(イベント会場)/1,998円(委託ショップ)

Music: Kato Kei
Mix : 五十嵐覚(1.2.4.5.6.7)
Jacket Illust : 藤原俊一
Booklet Comic : 藤原俊一
SpecialThanks : 蓬屋ふらん
Mastering: 株式会社フルハウス
Produce & Direction: ダンボー備前

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加